【初心者必見】車中泊前に準備しておきたい5つのこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【準備その4】荷物の準備をする

ノアで車中泊するときはベッドやマットを使わずにセミダブルの布団を使おう

最後に車中泊で必要なものを車に積み込んでいきましょう。

荷物は必要最低限に抑え、長距離移動中の車内のスペースを確保する事を意識しましょう。

こちらの記事に、車中泊で最低限必要なものについてまとめてありますので、一度ご覧になってください。

>>車中泊の準備で役立つ持ち物リスト

>>家族で車中泊するときの定番グッズまとめ

【準備その5】車を整備をする

車中泊の前に車の整備をしましょう

車中泊をする場合、長距離の旅行になることが多いと思います。

通常の整備をしていれば長距離の移動で車が壊れるということはめったにありませんが、快適な車での旅行にするために最低限以下の整備をしておきましょう。

  • タイヤの空気圧のチェック
  • ガソリンの給油
  • ランプ類の点灯チェック
  • バッテリーのチェック

特に車中泊の旅では、エンジンOFFでの電気に使用量が多かったり、長時間のアイドリング中&エアコン使用など、バッテリーに対する負荷が大きくなってしまうことが多く、結果的にバッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまうことがあります。

できれば、バッテリーだけは出発する前にプロにお願いしてチェックしてもらうのがいいと思います。(チェックだけなら無料の所が多いです。)

もしバッテリーが弱っていたりすることが分かったら、前もってバッテリーを交換しておきましょう。

バッテリー交換まではしなくてもいいという場合は、ジャンプスターターと呼ばれるバッテリー上がりの時にエンジンを始動させることができる大容量のバッテリー(5000~1万円)を準備しておくのも一つの手です。

これがあれば万が一バッテリーが上がってしまっても、エンジンを再始動することができます。

さらに、このジャンプスターターはスマホ充電用のモバイルバッテリーとしても活用できますので、エンジン停止中の電気使用量を減らすことができ、その結果、バッテリー上がりを予防するという目的でも使えます。

小型のサブバッテリーという捉え方で、安心のためにも車中泊をする場合はこのようなジャンプスターターを用意しておくのがおすすめです。

最後に一言

今回は、車中泊前に準備しておきたい5つのことについてお話しました。

車中泊は普通の旅行と違うところがあり、特に初心者の場合は色々と失敗する事もあります。

なので、事前に準備できることは確実にやっておきましょう。

もしなにかあったとしても、それも楽しいハプニングの一つとしていい思い出にしようというぐらいの気持ちで車中泊に望むのがよいのではないかと思います(笑)

車中泊はいろんな意味で楽しいので、ぜひ一度挑戦してみてくださいね。

それでは!




タイトルとURLをコピーしました