【準キャンピングカー仕様】ミニバン車中泊のベッドの作り方

車中泊ベッドを作るために準備するもの

まずは、車中泊ベッドを作るために準備するものについてまとめておきます。

2×4(ツーバイフォー)の木材

2×4の木材で車中泊ベッドの骨組みを作る

車中泊ベッドの骨組みは、ホームセンターで安く手に入る2×4(ツーバイフォー)の木材です。

※2×4の木材とは、2インチ×4インチ、約5センチ×約10センチの角材のこと

2000mm(単価400~500円程度)を約6~7本ほど使います。

ベニヤ板

ベニヤ板は、車中泊ベッドの床面に使います。

寸法は、900×1800×12mmの板(単価約1000円)が2枚あれば十分でしょう。

ビス

ビスは、骨組みとなる2×4材を固定するための長さが約70~80mmのものを約50本、そしてベニア板を骨組みに固定するための長さが約30mmのものを約20本ほど使います。

雨に濡れるところではないので、高価なステンレス製のものではなく、安いビスを使ってもOKですよ。

L字金具

L字金具で車中泊ベッドの足を固定する

L字金具はベッドの足を固定する時に使います。

ある程度厚みのある強そうなものを4~6個程度購入しておきましょう。

続いては、車中泊ベッドの具体的な作り方についてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全4ページ中)
スポンサーリンク