【ミニバン車中泊DIY】家族6人寝れる二段ベッドの作り方

ミニバンの2段めにDIY車中泊DIYベッドを自作

車中泊を快適に過ごすための一番のポイントは、フルフラットで家族全員がゆったりと足を伸ばして寝られるベッドを作ることです。

ただ、ノアやヴォクシー、セレナなどのミニバンにキャンピングカーのように改造して固定式のベッドを作ってしまうと、普段使いで人や荷物を乗せられられなくなってしまい不便です。

年に数回車中泊で使うだけなら、車中泊の時だけ取り付けるような着脱可能なベッドを検討するのがいいでしょう。

ミニバンの場合、上記の写真のように3列目のシートを跳ね上げ(または折りたたみ)、そこに2段ベッド(ベニア板を2列目シートの背もたれと、アシストグリップなどに荷締めベルトを通して支えてある)を作ってあげれば、家族4~5人ぐらいはそのスペースで寝ることができるようになります。

でも、我が家は6人家族なので、もう一箇所、1列目の運転席と助手席を使って大人が寝られるスペース(カットしたベニア板をシートの座面に乗せただけのベッド、寝袋で寝るタイプ)を作りました。

運転席と助手席の上にDIY車中泊ベッド

これらのベッドは2~3分ほどで簡単に着脱できますし、制作費用も3000円ほどで作ることができます。

しかも、普通、車中泊をする場合2列目もベッドにしてしまうため、スライドドアを開けた瞬間に布団や寝袋などが見えてしまうためあまり格好が良くありませんでした。

スライドドアを開けても車中泊ベッドが殆ど見えない

ですが、今回紹介するような形でベッドを配置すると、二列目にはベッドが無いためスライドドアを開けた際も見た目がスッキリしますし、車への出入りや靴の置き場にも困りません。

今回はそんなミニバンの車中泊ベッドの具体的な作り方について、詳しくお話していきます。

車中泊ベッドを作るために必要なもの

まずはじめに、今回紹介するミニバン車中泊ベッドを自作するために必要なものについて紹介しておきます。

【必要なものその1】ベニア板(2枚)

ミニバン車中泊ベッドを自作するためにに使ったベニア板

まずはじめに必要となるのが、フルフラットのベッドを作るためのベニア板です。

我が家のミニバン(エルグランド)の場合、3列目の二段ベッドを作るために1800×900×12mmサイズのベニア板(約1000円、ホームセンターなどで購入可能)を1枚、1列目の運転席と助手席の上に乗せるベッドを作るために同じサイズのベニア板を1枚使いましたので、ベニア板は合計2枚必要となります。

【必要なものその2】荷じめベルト(2本)

ミニバンの3列目にDIY車中泊2段ベッドを荷じめベルトで固定

普通、車中泊用のベッドを自作する場合、ベッドを支える骨組みを作る必要があります。

でも今回はなるべく安く、かつ簡単に着脱できる構造にするため、2列目シートの背もたれ上部やアシストグリップ(車のドアの上辺りに付いている手すりのこと)などに荷じめベルトを通してベッド(ベニア板)を3箇所で支える構造としました。

車中泊ベッドを作るために使った荷締ベルト

ホームセンターで売られている荷締めベルト(4~5mのもの、約500円/本)を2本準備しておきましょう。

【必要なものその3】電動丸のこ(レンタル品でOK)や手のこぎり

ベニア板をカットするために使った電動丸ノコ

ベニア板のカットは手のこぎりでもOKですが、上の写真のような電動丸ノコがあると便利です。

電動丸ノコは持っていなくても、ホームセンターなどでレンタル(2~3日、300円程度)することができますので、そういったものを利用すれば安上がりです。

【必要なものその4】その他

その他に、メジャーやペンチ、マジック、定規など、家にあるものを使いました。

ホテル代を浮かすために車中泊ベッドを作るのであれば、それを作るための道具にお金をかけないほうがいいので、なるべく家にあるものやレンタル工具などを活用する方が良いと思います。

二段ベッド(三列目)の作り方

ミニバンの3列目にDIY車中泊2段ベッドを荷じめベルトで固定

ここからは3列目シート部分につくる二段ベッドの具体的な作り方についてお話していきます。

【STEP1】2列目シートの位置を決める

スライドドアを開けても車中泊ベッドが殆ど見えない

先程までの話で、1列目の車中泊ベッドはシートを目一杯後ろまで下げて使うことがわかると思います。

その状態(1列目のシートを一番後ろに下げた状態)で2列目のシートをできるだけ前に出し、スライドドアから出入りできるか、靴の置く場所があるかなどを確認してください。

2列目のシートはそのような必要最低限のスペースだけ残した位置にセットアップして、できるだけ3列目の車中泊2段ベッドのスペースを広くとっていきます。

 【STEP2】ベニア板に切り欠きをつける

ベニア板を入れる前に3列目を跳ね上げる

2列目のシートの前後位置が決まったら、3列目のシートを跳ね上げて(折りたたんで)、ホームセンターで買ってきたベニア板を仮配置してみます。

車中泊ベッドのベニア板をミニバン3列目に仮配置

今回は、2列目シートの背もたれ上部でベッドを支える構造にていきます。

車中泊ベッドのベニア板を2列目シートの上部で支える

この時、ヘッドレストの支柱が邪魔でベニア板が少ししか2列目シートに乗らないため、その支柱を避けるような感じになるように、ベニア板に切り欠きカットすることにしました。

ベニア板の切り欠きカットのマーキング右側

車中泊2段ベッドのベニア板のカットマーキング左

こんな感じでベニア板のカットする部分にマジックで印をつけ、手のこぎりとペンチを使って切り欠きを作ります。

手のこぎりでベニア板に切り込みを入れる

ペンチでベニア板の切り欠き部分を折り取る

ベニア板の切り欠きができた

ベニア板に切り欠きを作ることができたら、もう一度2列目のシートにベニア板を乗せてみます。

車中泊2段ベッドのベニア板に切込みを入れて乗せた

車中泊ベッドのベニア板がシートの上に乗った

こんな感じでベニア板をシート上面に乗せられるようになりました。

あまり切り込みを深く入れすぎるとベニア板が前に出過ぎて、2列目に座った人の首に触れてしまうようになりますので、2~3cmほどの切り欠きを作るイメージがいいと思います。

【STEP3】ベニア板をカットする

ベニア板をカットする前

2列目シート側の切り欠きをつけることができたら、次は3列目後方のトランクから飛び出してしまっている部分をカットしていきます。

一旦ベニア板を車外にどけて、ベッドになる部分の長さを測っていきます。

車中泊二段ベッドの長さを測る

このときのポイントとしては、2段ベッドのベニア板は2列目シートのヘッドレストの支柱とトランクドアの内側で挟み込む(前後方向に動かないように固定する)構造にしたいので、ヘッドレストの支柱からトランクドアの内装までの距離を測ります。

そして、その長さよりも少し長めにベニア板をカットし、車内に配置してちゃんとベッドがヘッドレストの支柱とバックドアで固定できるかどうか確認しながら少しずつ長さを切り詰めて行きましょう。

車中泊ベッドのベニア板をカットする

車中泊ベッドをカットした後

すると、こんな感じでベニア板が3列目部分にちょうど収まるようになります。

【STEP3】荷締ベルトでベッドを吊り上げる

後は、荷締ベルトを使ってベニア板を吊り上げれば、車中泊2段ベットの完成です。

荷締ベルトで車中泊2段ベッドを吊り下げる

荷締ベルトは2列目のアシストグリップと、3列目のシートベルトの固定部に通して固定します。

ベニア板を吊り下げるだけだとベッドがゆらゆら揺れそうなイメージがありますが、今回のように前後方向はヘッドレストの支柱とバックドアで支えてあげるようにしてあげると、ベニア板がいい具合に固定されてベッドが揺れなくなります。

車中泊2段ベッドの完成

「これで車中泊ベッドは完成だ!」・・・と言いたいところだったのですが、実際にこの状態で2段ベッドの上に乗ってみると、後ろ側のベニア板が少したわんでしまいます。

というのも、前方の2列目側はベニア板がシートの上にしっかりと乗っているため全くたわみませんが、後方側は荷締ベルトで釣り上げているだけなのでベニア板の真ん中あたりがたわんでしまいます。

そこで、木工用ボンドを使って、余ったベニア板の端材をたわんでしまう後方部分(切り欠きがない方)に貼り付け、ベニア板の強度を上げてやりました。

ベニア板の端材に木工用ボンドを塗る

ベニア板の端材を後方に貼り付けた

これでベニア板のたわみも解消され、車中泊2段ベッドが完成です。

ミニバンの2段めにDIY車中泊DIYベッドを自作

運転席&助手席上ベッドの作り方

運転席と助手席の上に大人が寝られる車中泊ベッドを自作

次は1列目シート(運転席と助手席の上)に作る、取外し可能な車中泊ベッドの作り方についてお話していきます。

【STEP1】運転席と助手席を一番後ろに下げる

車中泊ベッドを作るために運転席と助手席を一番後ろに下げる

まずはじめに、1列目の車中泊ベッドのスペースをなるべく広く取るために、運転席と助手席を一番うしろまで下げます。

写真を見てもらうと分かる通り、1列目のシートを一番後ろまで下げると結構な広さのスペースができるのがわかります。

【STEP2】ベニア板をカットする

ここからは、1列目シートの上にベッドの天板となるベニア板が置けるようにするために、ベニア板をカットしていきます。

1列目シートにおけるようにベニア板をカットする

まずはじめに、センターコンソールあたりの凸を避けるために真ん中あたりを適当にカットします。

そして、この状態で1列目にカットしたベニア板を置いてみたりして、あたってしまうところを2~3回カットしていきます。

すると、下図のような感じでベニア板が運転席や助手席の足元をカバーするような感じで、ベニア板を配置することができるようになります。

運転席と助手席の足元あたりをカットする

これで1列目の車中泊ベッドはこれで完成です。

実際に寝てみるとわかると思うのですが、このままでベニア板が前に向かって傾いたりすることは殆どありません。

1列目シートがかなり後ろの方まで下げられるような車種の場合は、運転席や助手席の足元などにキャリーケースなどを置いてベニア板を支えてあげればOKでしょう。

運転席と助手席の上にDIY車中泊ベッド

ベニア板一枚カットしただけですが、これで大人一人ゆったりと寝られるスペースを確保することができます。

最後に一言

今回は、【ミニバン車中泊DIY】家族6人寝れる二段ベッドの作り方についてお話しました。

車中泊で快適に寝られるかどうかは、どれだけ広い面積のベッドが作れるかとということが一番重要です。

このように、3列目に2段ベッドを、そして1列目に追加で大人一人分のベッドを作ることで家族6人でも車内で快適に寝られる空間を作り出すことができました。

ミニバンの2段めにDIY車中泊DIYベッドを自作

運転席と助手席の上にDIY車中泊ベッド

また、キャンピングカーのようにガッチリと固定して作り込んではいませんので、取付や片付けも10分ほどで簡単に行うことができます。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

2019年6月17日家族で車中泊のノウハウ

Posted by 車中泊マニア