【ミニバン車中泊DIY】家族6人寝れる二段ベッドの作り方

二段ベッド(三列目)の作り方

ミニバンの3列目にDIY車中泊2段ベッドを荷じめベルトで固定

ここからは3列目シート部分につくる二段ベッドの具体的な作り方についてお話していきます。

【STEP1】2列目シートの位置を決める

スライドドアを開けても車中泊ベッドが殆ど見えない

先程までの話で、1列目の車中泊ベッドはシートを目一杯後ろまで下げて使うことがわかると思います。

その状態(1列目のシートを一番後ろに下げた状態)で2列目のシートをできるだけ前に出し、スライドドアから出入りできるか、靴の置く場所があるかなどを確認してください。

2列目のシートはそのような必要最低限のスペースだけ残した位置にセットアップして、できるだけ3列目の車中泊2段ベッドのスペースを広くとっていきます。

 【STEP2】ベニア板に切り欠きをつける

ベニア板を入れる前に3列目を跳ね上げる

2列目のシートの前後位置が決まったら、3列目のシートを跳ね上げて(折りたたんで)、ホームセンターで買ってきたベニア板を仮配置してみます。

車中泊ベッドのベニア板をミニバン3列目に仮配置

今回は、2列目シートの背もたれ上部でベッドを支える構造にていきます。

車中泊ベッドのベニア板を2列目シートの上部で支える

この時、ヘッドレストの支柱が邪魔でベニア板が少ししか2列目シートに乗らないため、その支柱を避けるような感じになるように、ベニア板に切り欠きカットすることにしました。

ベニア板の切り欠きカットのマーキング右側

車中泊2段ベッドのベニア板のカットマーキング左

こんな感じでベニア板のカットする部分にマジックで印をつけ、手のこぎりとペンチを使って切り欠きを作ります。

手のこぎりでベニア板に切り込みを入れる

ペンチでベニア板の切り欠き部分を折り取る

ベニア板の切り欠きができた

ベニア板に切り欠きを作ることができたら、もう一度2列目のシートにベニア板を乗せてみます。

車中泊2段ベッドのベニア板に切込みを入れて乗せた

車中泊ベッドのベニア板がシートの上に乗った

こんな感じでベニア板をシート上面に乗せられるようになりました。

あまり切り込みを深く入れすぎるとベニア板が前に出過ぎて、2列目に座った人の首に触れてしまうようになりますので、2~3cmほどの切り欠きを作るイメージがいいと思います。

次のページでは、ミニバン3列目DIY二段ベッドの作り方STEP3~4についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました