【ミニバンで車中泊】家族6人でも快適なDIYフルフラットベッドの作り方

車中泊を快適に過ごすための一番のポイントは、フルフラットで家族全員がゆったりと足を伸ばして寝られるベッドを作ることです。

ただ、ノアやヴォクシー、セレナなどのミニバンにキャンピングカーのように改造して固定式のベッドを作ってしまうと、普段使いで人や荷物を乗せられられなくなってしまい不便です。

年に数回車中泊で使うだけなら、車中泊の時だけ取り付けるような着脱可能なベッドを検討するのがいいでしょう。

ミニバンの場合、3列目のシートを跳ね上げ(または折りたたみ)、そこに2段ベッド(ベニア板を2列目シートの背もたれと、アシストグリップなどに荷締めベルトを通して支えてある)を作ってあげれば、家族4~5人ぐらいはそのスペースで寝ることができるようになります。

ミニバンの2段めにDIY車中泊DIYベッドを自作

でも、我が家は6人家族なので、もう一箇所、1列目の運転席と助手席を使って大人が寝られるスペース(カットしたベニア板をシートの座面に乗せただけのベッド、寝袋で寝るタイプ)を作りました。

運転席と助手席の上にDIY車中泊ベッド

これらのベッドは2~3分ほどで簡単に着脱できますし、制作費用も3000円ほどで作ることができます。

しかも、普通、車中泊をする場合2列目もベッドにしてしまうため、スライドドアを開けた瞬間に布団や寝袋などが見えてしまうためあまり格好が良くなかったのですが、今回紹介するような形でベッドを配置すると、二列目にはベッドが無いためスライドドアを開けた際も見た目がスッキリしますし、車への出入りや靴の置き場にも困りません。

スライドドアを開けても車中泊ベッドが殆ど見えない

今回はそんなミニバンの車中泊ベッドの具体的な作り方について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全4ページ中)
スポンサーリンク