【簡単着火】焚き火(キャンプファイヤー)のやり方とコツまとめ

焚き火(キャンプファイヤー)のコツについて

まずはじめに、家族レベルのキャンプなどで行う焚き火やキャンプファイヤーのコツについてお話していきます。

【焚き火のコツその1】とにかくよく乾燥した木材を手に入れておく

焚き火やキャンプファイヤーで上手く着火させるための一番のポイントは、よく乾燥した薪や木材を準備しておくということです。

基本的にその辺に落ちているような生木などの湿っている物を使ってしまうと、一気に焚き火の成功率は下がってしまうほど重要なポイントです。

私の場合、事前にホームセンターなどで売られている薪ストーブ用の薪を購入しておいたり、日曜大工で出た廃材などを何日間か雨や露のかからない場所でよく乾かして使ったりしています。

超地味なポイントですが、焚き火やキャンプファイヤーが成功するかどうかは、燃やすものが乾燥しているかどうかで決まると行っていいほど重要なことですので、上手く燃やしたい場合は、この点をしっかり守って乾燥した薪などを事前準備しておくことをおすすめします。

【焚き火のコツその2】空気の通り道ができるような薪の組み方をする

焚き火を成功させるために2番めに重要なポイントは、空気が上手く通り抜けるような形に巻きや木材を組み立てるということです。

私がよくやる焚き火の組み方は、このような「井」の形の組み方です。

このように薪を組んでおけば、薪と薪の間から空気が出入りするため、焚き火の中に十分な酸素が供給され、火の勢いを強く保つことができます。

キャンプファイヤーなどでは昔からこの形に組まれる事が多いほど、上手く薪を燃やすことができる方法ですので、是非参考にしてみてください。

【焚き火のコツその3】着火剤を準備する

焚き火の上手な人は、マッチ一本で火をつけるコツや方法を知っているのですが、今回は初心者向けに確実に焚き火を着火させる方法についてお話します。

その方法は、着火剤を準備することです。

着火剤を使うなんてなんだかかっこ悪いイメージがありますが、そんなの気にせず、着火剤はしっかり使っていくほうがベターだと思います。

というのも、個人的にはなかなか火をつけられずにみんなを待たせている方がかっこ悪いと思うからです(笑)

ここでおすすめしておきたい、かっこよく着火剤を使って火をつける方法は、松ぼっくりを大量に準備しておくという方法です。

松ぼっくりは着火剤と同じぐらい火が付きやすいにも関わらず、一見しただけでは着火剤に見えないのでかっこ悪くも見えないというメリットがあります。

実は、先程お見せした「井」の形をした焚き火の中心部にも、大量の松ぼっくりが仕込んであります。

後は下の方からライターなどで火をつけてあげれば、一気に焚き火に火をつけることができますよ。

【焚き火のコツその4】網などを使って焚き火を浮かせる

キャンプなどに行くと、地面の上に簡単な石の壁を作って直接薪を置いて焚き火をする人をよく見かけます。

ですが、その方法だと本来薪に吸収されなければならなかった焚き火の熱が地面に吸収されてしまうために火が薪全体に燃え広がりにくかったり、焚き火に対して下側から空気の通り道がなかったりするため、焚き火の終盤で火がまだ燃えるものが残っているのに、火が消えてしまうことがほとんどです。

本来、薪を上手く最後まで燃やし切ることができれば、白っぽい灰が本当に少しの量しか残らないはずなのに、黒っぽい炭状の薪がたくさん残ってしまいます。

最後まで上手く薪を燃やしきるための工夫としては、石の上に網を置いて、その上に焚き火の薪を組むという方法があります。

こうしてやると、キャンプファイヤーの終盤の薪の形が崩れた後でも、焚き火の下側から空気を送り込むことができるため、最後の最後まで火を絶やさず薪を燃やし切ることができるようになります。

その結果、あれだけたくさんのまきを使って組んでいたにも関わらず、最終的に残った灰はたったこれだけになります。

集めてみるとほんの一握り分の灰しか残っていませんので、これで後片付けも簡単になります。

【焚き火のコツその5】薪を直接地べたに組まない

最近では、焚き火が禁止になっている場所が増えてきました。

これにはいろんな原因があるのですが、安全面はもちろんのこと、マナーという点から焚き火が禁止になっていることが多いような気がします。

例えば、焚き火をした後の灰や炭、燃えかけた木などをそのままにして残してきたりすると、見た目もあまりいいものではありませんし、誰かがそれを片付ける手間が増えてしまいます。

また、最近注目されだしたこととしては、直接地面の上に薪を組んで焚き火をしてしまった場合、地面の温度が高くなることで地面の中の生物が死滅してしまいうということが挙げられます。

キャンプ場などで焚き火やキャンプファイヤーを地べたに組んでもいいという場合は、先ほど紹介したような方法や、そのまま地面に焚き火を組んでもOKです。

ちなみに、先ほど紹介した網などで焚き火台を作って地面との空間を作り、その下に灰受けを準備する程度だと、地面への加熱を防ぐことは難しいでしょう。

「焚き火禁止」の場所では焚き火をしてはいけないのはもちろんですが、「焚き火OK」という表示がない場所で焚き火をする場合は、「焚き火台」や「バーベキューグリル」などを使って地面や周りを汚さないようにしてください。

最後に一言

今回は、【簡単着火】焚き火(キャンプファイヤー)のやり方とコツまとめについてお話しました。

上手に焚き火やキャンプファイヤーができるようになると、着火や後片付けがとても簡単になります。

上手に火がつくかどうかは、当日その場よりもそれまでの準備が重要です。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

スポンサーリンク

2ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク