【航路予約案内】車と一緒にフェリーで北海道へ行くための方法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北海道まで車と一緒に乗れるフェリー航路

北海道と本州を結ぶ青函トンネルには車が通れる道路がないため、北海道で車中泊旅行するために車を北海道まで持っていくためには、必ずフェリーに乗る必要があります。

車と一緒に北海道に渡ることができるフェリーの航路は、大きく分けると以下の3航路となります。

  1. 津軽海峡ルート(津軽海峡フェリー、青函フェリー)
    →料金が安く、乗船時間も短い。船酔いしたくない人におすすめ。
  2. 太平洋ルート(太平洋フェリー、商船三井フェリー、シルバーフェリー)
    →名古屋や仙台などから乗船が可能で、そのまま北海道まで行ける。乗船時間は数十時間にもなるため、船旅が好きな人向け。船酔いする人は避けた方がベター。
  3. 日本海ルート(新日本海フェリー)
    →舞鶴や新潟などから乗船が可能で、そのまま北海道まで行ける。乗船時間は数十時間にもなるため、船旅が好きな人向け。船酔いする人は避けたほうがベター。

ここからは、それぞれのルートのことについて詳しくお話していきます。

津軽海峡ルート

津軽海峡ルートは、函館と青森、大間を結ぶフェリー航路で航路が短いため乗船時間が短く、一日に何便も就航しているのが特徴。

出典)北海道~本州間のフェリー航路 | 総合政策部交通政策局物流港湾室

北海道に行くまでの道のりも車でいろいろな場所に立ち寄りながら旅をしたいという場合や、船酔いに弱い人がいる人向けの航路です。

もちろん、船酔いをするかしないかは当日の天候や体調にもよりますが、津軽海峡ルートは他の航路に比べて圧倒的に乗船時間が短いですので、仮に船酔いになったとしてもその時間を短く済ませることができます。

①青森~函館

【ルート概要】12,800円~(車両+1名)、約3.5時間、日16便

②大間~函館

【ルート概要】13,160円~(車両+1名)、約1.5時間、日2便

太平洋ルート

太平洋ルートは名古屋や仙台など太平洋側から乗船が可能で、そのまま北海道まで行ける長距離のフェリー航路です。

出典)北海道~本州間のフェリー航路 | 総合政策部交通政策局物流港湾室

太平洋ルートは基本的に船旅が好きな人向けの航路です。

乗船時間は数十時間にもなるため船酔いする人や、小さな子供がいる場合は避けた方がベターでしょう。

なお、太平洋側は日本海側より船の揺れが少ないようなイメージがありますが、船酔いになるかどうかは当日の天候次第なので、しけてしまった場合は太平洋ルートでもフェリーは結構揺れてしまいます。

船酔いをする人がどうしてもこの航路を利用する場合、船の揺れは中心部分が一番弱くなりますので、少々料金が高くなってしまうかもしれませんが、船体の中央部にある部屋を選んだほうがいいと思います。

③苫小牧~八戸

【ルート概要】25,000円~(車両+1名)、約8時間、日4便

④仙台~苫小牧

【ルート概要】26,300円~(車両+1名)、約15時間、日1便

⑤名古屋~苫小牧

【ルート概要】34,000円~(車両+1名)、約40時間、日1便

⑥大洗~苫小牧

【ルート概要】26,740円~(車両+1名)、約19時間、日1~2便

日本海ルート

日本海ルートは舞鶴や新潟などの日本海側から乗船が可能で、そのまま北海道まで行ける長距離のフェリー航路です。

出典)北海道~本州間のフェリー航路 | 総合政策部交通政策局物流港湾室

日本海ルートは基本的に船酔いをしない人や船旅が好きな人向けの航路です。

もろもろの交通費やガソリン代などを考えると、津軽海峡ルートまで車で行ってから北海道に渡るよりも安く済む場合もあります。

乗船時間は数十時間にもなるため船酔いする人や、小さな子供がいる場合は避けた方がベターでしょう。

船酔いをする人がどうしてもこの航路を利用する場合、船の揺れは中心部分が一番弱くなりますので、少々料金が高くなってしまうかもしれませんが、船体の中央部にある部屋を選んだほうがいいと思います。

⑦秋田~苫小牧

【ルート概要】18,410円~(車両+1名)、約10時間、週6便

⑧新潟~苫小牧

【ルート概要】21,500円~(車両+1名)、約20時間、週6便

⑨敦賀~苫小牧

【ルート概要】31,370円~(車両+1名)、約19時間、日1便

⑩新潟~小樽

【ルート概要】21,500円~(車両+1名)、約18時間、週6便

⑪舞鶴~小樽

【ルート概要】31,370円~(車両+1名)、約20時間、日1便

なお、フェリーの運賃は乗船時期によって運賃が異なりますし、大規模な割引キャンペーンの適用などで運賃が大幅割引されることもありますので、念のため各フェリー運行会社のキャンペーン情報等を確認することをおすすめします。

次のページでは、東海地区から北海道まで行く場合のフェリー最安値に関する調査結果についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました