【寒さ対策】冬の車中泊を快適に過ごすための5つのポイント

冬の車中泊で一番驚くのはその寒さで、鉄の塊である車の中の温度は明け方ごろにはほぼ外気温と同じ温度になってしまいます。

防寒対策を怠ってしまうと、ガクガクブルブル震えながら、一夜を過ごすなんてことにもなりかねません。

特に体の小さい子ども連れで車中泊では、寒さ対策は必須と言えるでしょう。

とはいうものの、キャンピンカーなどについているFFヒーター(エンジンOFFで使えるヒーター)は高価だし、なんとか安く車中泊の寒さ対策は出来ないものでしょうか?

そこで今回は、我が家で実践している冬の車中泊を快適に過ごすための5つのポイントについてお話します。

エンジンOFFでも暖かい車内空間を目指す

冬の車中泊で最も大切なことは、エンジンを切った状態でも快適な車内環境を作り出す必要があるということ。

車中泊で熟睡するためには、エンジンの振動は大敵です。

それに加えて、雪が降る地域の場合、積雪によってマフラーが雪で塞がれてしまうと、排気ガスが車内に流れ込んで一酸化炭素中毒になるといった事故も報告されています。

雪が降る冬の車中泊で注意すべき一酸化炭素中毒

出典)朝日新聞

そのような意味からも、本格的に車の中で睡眠をとる場合、安心して熟睡できるようにエンジンを切っても、暖かい車内環境を作り出す工夫をしていきましょう。

ただ、雪が降っていないテーマパークやサービスエリアなどの駐車場で、数時間の仮眠をとる場合は、エンジンをつけっぱなしでヒーターを使ってもいいと思いますよ。

その辺は事前に行き先の状況を調べたり、現地に着いたときの状況を見て、臨機応変に対応してください。

放射冷却をさけるために屋根の下や壁際に駐車

冬の朝方、氷点下になっていないのに車のフロントガラスが凍ったりしているのを見たことはありませんか?

フロントガラスにできたその氷は、外気温が0℃以下になっていないのに、どうして凍ってしまったのでしょうか?

実は、車は外気によって冷やされる意外にも、放射冷却といって電磁波という形で宇宙からも熱を吸い取られているのです。

曇りと晴れの放射冷却の違い

出典)大気汚染が起こりやすい時間帯 -寒い時期は晴れる朝に注意|RCC健康・医療

そして、夜に曇っているとフロントガラスが凍らないのは、宇宙と車の間にある雲が放射冷却を遮ってくれるから。

このことを利用すると、屋根の下や壁際に車を止めることによって、車を冷やす要因となっている放射冷却を少なくする事が出来ます。

ただし、車に雪が積もるような状況の場合は、逆に雪がかまくらのように放射冷却や冷風を遮ってくれたりしますので、そのような場合は放射冷却のことを考えなくてもよいでしょう。

車の窓をプチプチで断熱

冬の車内の熱を最も逃がしてしまう部位は、ズバリ「窓」です。

この窓を断熱してあげれば、少しは車内が冷え込んでいく速度を遅くする事が出来ます。

窓を断熱するグッズとして、多くの人が銀マットを窓にあわせてカットして作った断熱シートを使っていますが、私の場合は銀マットではなく梱包で使うプチプチを使っています。

銀マットを使わない理由は、銀マットの裏側が青く、車内が異様な色合いになってしまうことや、収納するために巻いてしまうと癖がついてしまって、窓にはめ込みにくくなってしまうという点です。

まぁ、これは好みの問題なので、どちらを使ってもいいと思います。

ですが、この車の窓の断熱シートは冬の車中泊に必須のグッズですので、エンジンを切って車中泊をする場合は、必ず準備しておきましょう。

サッと羽織れるフリースなど

旅館やホテルと違って、車中泊の場合はトイレなどに行く場合、一旦極寒の車外に出る必要があります。

そんなときに、サッと羽織っていけるフリースなどを持っているととても便利です。

銀マットと毛布、そして貼るホッカイロを30個

我が家の車中泊は、基本的に車内をフルフラットにして、寝心地を優先しています。

2列目と3列目をフルフラットにする車中泊ベッド

春から秋にかけては、このベッドの上に敷き布団+掛け布団でOKなのですが、極寒の冬の場合はそれに3つのものを加えます。

それは・・・

  • 敷布団の下に銀マット
  • 敷布団と銀マットの間に30個の貼るホッカイロ
  • 敷布団と体の間に毛布

です。

「銀マットと毛布はなんとなくわかるけど、どうしてホッカイロ?」という風に感じる人もいると思います。

ですが、このホッカイロがあると、布団の中がありえないぐらい暖かくなるんです。

その理由は、標準サイズのホッカイロ1個あたりの発熱量は約5W程度で、箱売りされている30個(安くて400円ぐらい)すべて使うと、一晩中150Wの熱を布団の中で得ることが出来ます。

人間の1人当たりの発熱量は約75wとされていますので、ホッカイロを使うことで布団の中が2人増えたぐらいの暖かさになります。

しかも、使い終わったホッカイロは剥がしてゴミ箱に捨てていけばOK。

荷物にもなりません。

エンジンを切っても使えるFFヒーターやポリタンクにお湯をためておく方法など、冬の車中泊を暖かく過ごすための色んな方法を考えて見ましたが、一番最後にたどり着いたのがこのホッカイロです。

このホッカイロは思っている以上に暖かいですから、冬に車中泊する機会があったらぜひ一度試してみてくださいね。

最後に一言

今回は、【寒さ対策】冬の車中泊を快適に過ごすための5つのポイントについてお話しました。

冬の車中泊は、本当に寒いです。

ナメてかかるとえらい目にあいます(笑)

事前に防寒対策はしっかりとやっておいて、快適な車中泊を実現してくださいね。

それでは!

2019年6月17日家族で車中泊のノウハウ

Posted by 車中泊マニア