【初心者向け】自分で作れる車中泊ベッドの4つのタイプまとめ

【車中泊ベッドその1】セミダブルの布団セット&ビニールシート

ノアの車中泊は事前にセカンドシートを取り外しておいてセミダブルの布団セットで寝よう

車中泊で重宝しているNo.1グッズが、セミダブルの布団セットです。

ノアやヴォクシーの場合、車中泊の前にセカンドシートを取り外しておき、その状態で3列目シートを跳ね上げれば、セミダブルの布団がちょうど入る広さの床面が姿を現します。

車の床面に寝転がるので、フラットシートの上で寝るときのように外の人と目が合うなんてことはありませんし、なによりも完全にフラットな状態で足を延ばして寝られるのがいいですね。

布団の下にはシート敷くことで布団はほとんど汚れません。

ただ、この状態にするためには、車中泊するたびに荷物やチャイルドシートなどを運転席と助手席のところに移動する手間があるのが難点。

また、乗車人数も5人までと限られてしまいます。

ただ、床面は完全にフラットにする事が出来ますので、車中泊の寝心地を最優先する人は、この方法がオススメです。

【車中泊ベッドその2】折りたたみ式フラットベッド

2列目と3列目をフルフラットにする車中泊ベッド

以前までは上で紹介したセカンドシートを取り外して布団を敷いていましたが、車中泊の出発前にセカンドシートを取り外さなくても車中泊が出来るように、自作の車中泊ベッドを作りました。

普段は上の写真のように2列目と3列目をフルフラットにするために使いますが、2列目はチャイルドシートをつけたまま、3列目だけをフルフラットにする事も可能です。

3列目だけをフルフラットにした自作車中泊ベッド
マットを買う前に。ミニバンノアの車中泊ベッドを自作する方法

さらに折りたたむことが出来るので、シートの下にすっきり収納できるというのも見逃せないポイント。

3列目のシートの床下に車中泊ベッドを折りたたんで収納

この車中泊ベッドの具体的な作り方は、こちらにまとめておきましたので、興味のある方はどうぞ。

>>ミニバンノアの車中泊ベッドを自作する方法

次のページでは自分で作れる車中泊ベッドその3~4についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました