【自動車税節約】ミニバンをDIYで4ナンバー化する方法(構造変更、乗車定員5人編)

4ナンバー取得のメリットとデメリット

構造変更で4ナンバー化したノア

我が家のノア(トヨタのミニバン、元々5ナンバー)は、車の維持費を安くしたい&3列目のシートと取り外して車中泊仕様にしたいというわけで、自分で構造変更して4ナンバーを取得しました。

ただ、初めてこの話を聞いた人の場合、どうして多くの人が4ナンバーの取得を目指すのかよく分からないと思いますので、まずは4ナンバー化のメリットやデメリットについて詳しくお話していきます。

なお、具体的な4ナンバー化の手続きの手順(業者に任せず自分で行う方法)について早く知りたい方は、こちらからどうぞ。

>>4ページ目に進む(構造変更申請の具体的な手順)

【メリットその1】税金を節約できる

4ナンバー取得の一番のメリットは、なんといっても車にかかる税金(自動車税や重量税)を節約できるという点です。

ノアを4ナンバー化することによって、どれだけ税金が節約できるか、具体的な数値を挙げて比較してみるとこんな感じになります。

法定費用 4ナンバー 5ナンバー
自動車税(2年) 16000円 79000円
重量税(2年) 19800円 40000円
自賠責保険(2年) 34440円 27800円
合計 70240円 146800円

※5ナンバー車はノア(自家用乗用車)を想定して、排気量1.5リットル超~2.0リットル、重量1500~2000kg、4ナンバー車は構造変更後のノア(小型貨物車)を想定して、最大積載量1トン以下、重量2000~3000kgで試算

※費用は2年間分を計上しています。

※試算で使った数値は以下のサイトを参考にしています。

>>自動車税の額|自動車税.info

>>自動車重量税の基礎知識と早見表|自動車税.info

>>自賠責保険料一覧|くるなび

このように5ナンバーから4ナンバーに変更する事によって、自動車税や重量税が2年間で約7.5万円ほど安くなることが分かりますね。

普段3列目を人を乗せるために使うことがほとんどないような人場合、4ナンバー化による節税を検討してみるというのも一つの手だと思います。

【メリットその2】荷室を広々と使える

構造変更のために追加した荷室の仕切り

ノアの3列目シートを取り外し、構造変更申請することで荷室を広々と使うことができます。

特に年に何度も車中泊をする人のような場合、ミニバンの3列目あたりを改造して、プチキャンピングカー仕様にしたいと感じてくるのではないでしょうか?

ただ、勝手に車のシートを取り外したりしてキャンピングカー仕様にすると、違反になるんじゃないかとヒヤヒヤしながら運転しなければいけません。

でも、正式に陸運局で構造変更を受けてしまえば、もうそのような心配事もなく、堂々とプチキャンピングカーライフを楽しむことができます。

ただ、いいところばかりのように思えるこのノアの構造変更による4ナンバー化ですが、実際に構造変更してみるといくつかのデメリットがあることも分かってきました。

次のページでは、4ナンバー化のデメリットについてお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全8ページ中)
スポンサーリンク