【モートピア攻略】鈴鹿サーキットの遊園地を遊びつくす9つのポイント

【モートピア攻略ポイントその5】子供は乗り放題のパスポート、大人は入園+のりものクーポン券が最も安い

鈴鹿サーキットの遊園地では、モートピアパスポート(大人4300円、子供2100円、幼児2100円)と呼ばれる入園+のりもの乗り放題のチケットを購入する人がほとんどです。

ですが、なるべく予算を安く抑えたいという場合は、以下の組み合わせでチケットを購入すると良いでしょう。

  • 大人;入園料+のりものクーポン
  • 子供;モートピアパスポート

詳細は、私達(大人2人、幼児2人、赤ちゃん1人)が鈴鹿サーキットで遊んだ時の例でお話していきます。

【ケースその1】全員がモートピアパスポートを購入した場合

家族全員がモートピアパスポートを購入すると、単純に大人4300円×2、幼児2100円×2の合計12800円になります。

【ケースその2】子供のみモートピアパスポート、大人は入園チケット+のりものクーポン券

まぁ、先ほどのように全員がモートピアパスポートを購入しても結構安いと思いますが、できるだけ安く済ませたい場合、モートピアパスポートが高い大人はそれを買わず、乗り物クーポン(最大30%OFF)を利用すると良いでしょう。

鈴鹿サーキットののりものクーポン券

実際に私達5人が全力で丸一日かけて乗った乗り物とそののりものの料金(現金)をまとめてみると、このようになります。

鈴鹿サーキットで丸一日かけて乗った乗り物の料金

※幼児2人はモートピアパスポートを購入しているので、料金を0円でカウントしています。

ここで、大人2人は合わせて4600円分の乗り物に乗っているわけですかが、モートピアの園内にあるチケットセンターで販売されている「 >のりものクーポン3,500円券(100円x45枚)」を利用すると、大人の乗り物料金は3500円(のりものクーポン代)+100円(現金払い)の3600円になります。

この話をまとめると・・・

  • 大人の入園料;1700円×2人=3400円
  • のりものクーポン;3500円
  • 現金;100円
  • 幼児のモートピアパスポート;2100円×2人=4200円

合計は11200円となり、先ほどの全員モートピアパスポートを購入した場合(12800円)より1600円安くなることが分かります。

また、鈴鹿サーキットの入園チケットや割引券は、鈴鹿サーキットのホームページやヤフオクなどで探せば結構ありますので、それらを活用すると予算を抑えて遊ぶことが出来ます。

特に赤ちゃんを連れていて、一人は赤ちゃんの面倒を見なければならないような場合は、この方法をオススメしますよ。

ただし、子供が小学生ぐらいの場合は、年齢制限もあまりなく、体力的にも家族全員でいろんな乗り物にどんどんのることが出来ると思いますので、その場合は全員がモートピアパスポートを購入したほうが安くなる可能性はありますので、その辺りはご自身で検討してみてください。

【モートピア攻略ポイントその6】プッチコインを集めてポップコーンをゲット!

保育園や幼稚園ぐらいのお子さんと一緒にモートピアに行く場合、アトラクションで高得点を出したり、食事の後片付けをしたりするともらえる「プッチコイン」というメダルを集めるのも楽しみの一つです。

プッチコインでポップコーンをゲット

このプッチコインは2枚集めると、ポップコーン売り場でミニサイズのポップコーンと交換することができます。

プッチコイン2枚で交換したミニポップコーン

出典)3世代で行く鈴鹿サーキットホテル2泊3日後篇|4travel

私の子供なんかは、メダルをポップコーンに交換するよりメダルそのものがほしい(集めておきたい)らしく、ポップコーンに交換せずに持ち帰って集めていますが・・・。

プッチコインがもらえるところを事前に知っておけば、1日でも2~3枚は集めることができます。

ちなみに、鈴鹿サーキットのモートピア(遊園地)の中でもらえる場所は以下の4つです。

【もらえる場所その1】ルンルンバルーンで100点獲得(2枚)

鈴鹿サーキットのプッチコインがもらえるルンルンバルーン

「ルンルンバルーン」というアトラクションの中で、ゴール手前にある的に向かってボールを落とすゲームがあります。

このゲームで真ん中の100点のところにボールを入れることができると、プッチコインを2枚GETすることができます。

100点を獲得するためのコツは、強風が吹いている時以外はハンドルには触らずに、画面を見ながら「80点」の文字が真ん中に来た瞬間にボールを落とすボタンを押すことです。

100点の文字が画面の真ん中に来た時にボタンを押してしまうと、ボールが落下するのは100点を通り過ぎた後の60~80点になってしまいますよ。

【もらえる場所その2~3】モートピア内の食堂(1枚)

プッチコインがもらえるぶんぶんのパンケーキやさんプッチコインがもらえるプッチタウンキッチン

モートピアの中にある2ヶ所のレストラン(プッチタウンキッチン、ぶんぶんのパンケーキやさんのみ)で食事を終えた後、子供だけで食器を食器返却口まで返却すると、スタッフからプッチコインが1枚もらえます。

このお片づけのご褒美にプッチコインは、必ずもらえるプチイベントですし、自分で食器を片付けた後にプッチコインまでもらった子供は相当喜びますので、おすすめのプッチコインGET場所です。

おかたずけや、乗り物でがんばったらもらえる、小学生までの子供専用が対象のコイン『プッチ』がとてもうれしかったようで、○○だとプッチが貰える、とがんばり屋さんになりました。くれる時に、よくがんばったね、と褒めてもらえるのでニコニコで大喜び。記念に持ち帰っても良いし集めて景品と交換なんかもできるようです。

引用)“良い子だともらえる『プッチ』はナイスアイデア”|トリップアドバイザー

【もらえる場所その4】プートののりもの研究所(1枚)

プッチコインがもらえるプートののりもの研究所

これは有料(1000円、来場時に要予約)のアトラクションですが、プートの乗り物研究所で後片付けがちゃんとできたときにもプッチコインを1枚もらうことができます。

自分でカートを組み立てて、その後にその組み立てたカートに乗ったりすることもできますので、結構楽しいですよ。

パーク内でプッチコインがもらえる場所は上記の4ヵ所ですが、それ以外にもホテルなどでももらえる場所があるようですので、鈴鹿サーキットのホテルに宿泊もする場合は、以下のページもチェックしておきましょう。

プッチコインがもらえる場所やアトラクション

出典)プッチコイン|鈴鹿サーキット

【モートピア攻略ポイントその7】弁当はNGだがちょっとしたおかしや水筒はOK(かも・・・)

鈴鹿サーキットの遊園地は、基本的に飲食物の持ち込みは禁止されています。

ですが、これは私の経験上の話ですが、鈴鹿サーキットには手荷物検査がなく、ちょっとしたおかしや軽食、水筒などを持っていっても、注意されたりしたことは一度もありません。

園内で少しでも節約したいという人は、その辺りも検討してみてもいいのかもしれませんね。

ちなみに鈴鹿サーキットでオススメなのが、このキャラメル味のポップコーンです。

鈴鹿サーキットでオススメなのがキャラメル味のポップコーン

本来であれば、写真にあるようなバケットを1000円で購入して、中身のポップコーンを詰め替えていくのが一番お得なのですが、ディズニーランドなどで使っていたバスケットを持っていっても250円でポップコーンをパンパンになるまで詰めてくれます。

価格はディズニーランドの詰め替え(リフィル、500円)の半額ですし、(←このサービスはなくなってしまったようです・・・残念。)なによりこの鈴鹿サーキットのポップコーンはキャラメルの味が濃くて、病み付きになってしまうほどおいしいです。

鈴鹿サーキットのポップコーン

ポップコーンを受取った瞬間、子供達がこんな感じで群がってくるほど(笑)

ただ、「きんちゃく(400円)」は冷めてしまっているので、できればバケットを持っていてて、できたて熱々のポップコーンを詰めてもらうことをオススメします。

【モートピア攻略ポイントその8】F1のメッカ、国際レーシングコースの見学も無料でできる

鈴鹿サーキットが有名なのは、毎年秋にモータースポーツの頂点に立つF1が開催されるから。

鈴鹿サーキット|2015 F1日本グランプリ

出典)鈴鹿サーキット|2015 F1日本グランプリ

おすすめしたいのが、このF1が走る国際レーシングコースの見学です。

年に数回ある大きなイベント以外は、この国際レーシングコースのスタンドの扉が無料開放されていて、そこで練習走行している車やバイクの様子を自由に観戦することができます。

鈴鹿サーキットの国際レーシングコース

ほとんどが一般の人達のフリー走行ですが、それでも爆音を響かせてものすごいスピードでコースを集会していますので、モータースポーツ独特のあの臨場感を体感することができますよ。

また、走行枠のタイミングが合えば、この本物のF1も走った国際レーシングコースをゴーカートで走ることができるサーキットカート(有料、1300円)という乗り物もあります。

国際レーシングコースを走れるサーキットカート

サーキットカートは毎日やっているというわけではありませんので、もし乗りたい場合はこちらのホームページで営業時間をチェックして置いてくださいね。

>>サーキットカートの営業時間|鈴鹿サーキット

【モートピア攻略ポイントその9】大人の遊び心をくすぐるアドバンスカートも忘れずに

鈴鹿サーキットのモートピアの中には、アドバンストカートと呼ばれる本格的なレーシングカートにレンタルで乗ることができるアトラクションがあります。

アドバンスカート

残念ながらこのアドバンスカートはモートピアのパスポートの対象外ではあるのですが、運転免許を持っている大人(持っていない場合は別途講習を受ける必要有り)であれば、時速54kmも出る本格的なカートに1700円(5周)から乗ることが出来ます。

普通のアトラクションでは心が躍ることの出来なかった大人(男の人が多いかな・・・)でも、このアドバンストカートなら子供の時のようなワクワクと躍動感を味わうことができます。

鈴鹿サーキット アドバンスカートプラス 35.523秒
引用)鈴鹿サーキット アドバンスカートプラス 35.523秒|YouTube

ちなみに、私はこのアドバンスカートのために鈴鹿サーキットに通っていた時期もあるぐらいです(笑)

ヘルメットやグローブなどの装具は無料でレンタルすることができますので、鈴鹿サーキットのモートピアに来たら、是非大人もこのアドバンスカートに乗ってみてくださいね。

最後に一言

今回は、鈴鹿サーキットの遊園地(モートピア)を遊びつくす9つのポイントについてお話しました。

鈴鹿サーキットの遊園地のモートピアは、よく鈴鹿サーキットの”おまけ”として考えられがちですが、実際にモートピアに行ってみると、相当楽しめる遊園地だということがよく分かると思います。

できるなら1日だけとは言わず、丸2日遊ぶ予定を立ててモートピアに行きましょう。

子供だけではなく、大人もワクワクやドキドキを楽しめると思いますよ。

それでは!

スポンサーリンク

表示中の記事: 3 / 3ページ中

スポンサーリンク