【モートピア攻略】鈴鹿サーキットの遊園地を遊びつくす9つのポイント

【モートピア攻略ポイントその1】遊びつくすには丸2日かかるぐらいアトラクションが多い

鈴鹿サーキットの遊園地であるモートピアは、F1などが開催される鈴鹿サーキットの”おまけ”として併設されている遊園地だと思っている人が多いと思いますが、そう思ってなめてかかるといけません(笑)

モートピアのアトラクションの数(約30種類)は、ディズニーランド(約40種類)には劣るものの、ディズニーシー(約28種類)と同じぐらいの多さ。

すべてのアトラクションを乗りつくすには、丸2日ぐらいかかると思っておくと良いでしょう。

また、夏季になるとアクアアドベンチャーというスライダーなどが併設されている大型プール(別料金、7~8月のみ)もアトラクションのラインナップに加わります。

アクアアドベンチャー

この大型プールは結構広くて、たくさん遊べる場所なので、一度入ると丸一日かけて遊びきるような感じになります。

もし、モートピア(遊園地)エリアも一緒に遊びたい場合は1泊2日でプランを練るか、子供達の体力を考えて、体力をたくさん使うアクアアドベンチャーエリアを午後に回すといった流れが良いでしょう。

ちなみに、個人的に鈴鹿サーキットらしくておもろいなぁと感じたアトラクションがこちら。

キッズバイク、そしてツーリングバイクへ

キッズバイクは並んでいる人の割りに時間がかかる

出典)モートピアのアトラクション|鈴鹿サーキット

キッズバイクは、補助輪なしで自転車に乗れるようになった3歳以上の子供が、電動バイクの乗り方を教えてもらえるアトラクションです。

何が面白いかというと、このアトラクションは大人が一緒に入ることができないということ。

鈴鹿サーキットのキッズバイクは子供だけしか入れない

鈴鹿サーキットのキッズバイクの様子

鈴鹿サーキットのキッズバイクに乗っているところ

こんな感じで、子供達はスタッフから装具の付け方から、電動バイクの乗り方まで、丁寧に教えてもらっていきます。

そして、キッズバイクが上手に乗れるようになるとライセンスカードが発行され、晴れてその隣にあるツーリングバイクというコースを自由にツーリングできるアトラクションに乗れるようになります。

鈴鹿サーキットのツーリングバイク

出典)モートピアのアトラクション|鈴鹿サーキット

始めのうちは、キッズバイクのところでうまくバイクに乗れず、何度も壁に激突していた子供が、楽しそうにツーリングバイクで電動バイクにまたがってコースを走っているのを見ると、なんだか感動しました。

鈴鹿サーキットにおまけでくっついている遊園地で「半日ぐらいで全部回れるだろう・・・。」なんて思っていたら、「あ~、もっといろんな乗り物に乗りたかったのに~!!」という感じになってしまうこともありますから、ぜひ丸1日か、可能であれば丸2日かけて遊びきる予定を立てることをオススメします。

【モートピア攻略ポイントその2】休日でもアトラクションの待ち時間は30~60分程度

鈴鹿サーキットの遊園地は、あまり知られていないことが幸いして、休日でもディズニーランドのよう混雑して、乗り物の待ち時間が2~3なんて事はありません。

平日でなくても普通のアトラクションなら10~15分ぐらいちょろっと並んでいれば乗れますし、人気のアトラクションでも待ち時間はだいたい45~60分ぐらい待てば乗ることができます。

また一日の中でも混雑するのは、開園から12時頃までと、1時から3時頃で、3時を過ぎると徐々に人が少なくなっていきます。

お昼ごはんを少し早くか、または少し遅らせて食べるのが、より多くのアトラクションに乗るコツです。

ただ、先ほど紹介したキッズバイクというアトラクションは、人気があること以外にバイクの乗り方を教えるのに時間がかかるため、並んでいる人の数の割に自分の番が来るまで時間がかかってしまう事がありますので、注意が必要です。

目安時間が書かれた看板がみんなの並んでいる列の横辺りに設置されていますから、それを見て待ち時間を把握しておきましょう。

ちなみに、混雑という点において、レストランは休日のお昼時でも席がなくて並ぶというような場面に遭遇したことはありませんでした。

また、平日のモートピアはアトラクションに列がほとんどないぐらいガラガラです。

休日の人出を100%としたら、振り替え休日などで月曜日がちょっと人が多くて50~60%ぐらい、そのほかの平日は20~30%程度です。

列に並んで待ったりするのがとにかく嫌で、行くからにはたくさんのアトラクションを楽しみつくしたいという人は、思い切って月曜以外の平日に休みを取って行くことをオススメします。

【モートピア攻略ポイントその3】駐車場のゲートオープンはAM8時頃

鈴鹿サーキット直営駐車場のゲートオープン時間は、国際レーシングコースなどの方で大きなレースの大会などがない限り、基本的にAM8時頃となっています。

それよりも前に到着してしまった場合は、ゲート前のスペースに車を並べて待機しておけば良いでしょう。

鈴鹿サーキットの駐車場代が無料になる

ちなみに、鈴鹿サーキットの駐車場は、遊園地利用の場合、車中泊は不可(遊園地側の駐車場は夜7時ごろに閉鎖されるため)となっています。

鈴鹿サーキットに車中泊で行きたい場合は、近場の無料で利用できる車中泊スポットを利用すると良いでしょう。

>>【鈴鹿サーキット駐車場】開門時間や無料で車中泊できる場所まとめ

【モートピア攻略ポイントその4】張り切って開園時間前にゲートに並ばなくてもOK

ディズニーランドなどの場合、開園時間前にゲートの前に並んで、家族で手分けして希望の乗り物のファーストパスを取りつつ、1つ目の乗り物にも並んでおくことが常識になっています。

ですが、鈴鹿サーキットの場合、ファーストパスのような乗り物を予約しておくサービスはありません。

休日でも開園してから10~15分ぐらいすれば、わざわざゲート前の列に並んでいなくてもすんなりと園内に入っていくことが出来ますので、早くからゲート前に並ばなくてもOKです。

どうしても子供達が「早く行きたい!」と言って聞かないのであれば、その列に並んでもいいと思いますが、できればその時点では体力を温存しておいて、人手が減ってくる夕方3~5時を遊びきることを意識したほうが、鈴鹿サーキットを満喫できると思いますよ。

続いては、鈴鹿サーキットの遊園地の攻略法4~7についてお話していきます。

小さい子供のいる家族なら、モートピアパスポート(のりもの乗り放題だが値段が高い)を買うよりも、のりものクーポン券(最大割引率30%)を購入したほうが安くなる理由についてもお話していきます。

スポンサーリンク

2ページ目(全3ページ中)

スポンサーリンク