【新幹線でディズニーランド】レンタルキャンピングカーの車中泊も安くて楽しいよ!

夜、ディズニーランドから戻ってきた後・・・

ディズニーランドの夜のメインイベント、ワンスアプオンザタイムを見終わった後、子供達と一緒にキャンピングカーに戻ってきました。

この後、駐車場を出て銭湯に行く予定だったのですが、キャンピングカーに着くとすぐに子供達は寝てしまいました。

まぁ、そんなことはいつもどおりなので、気にせず銭湯へ出発!

ディズニーランドの近くにある銭湯

ディズニーランドの近くにある銭湯についた後は、交代で銭湯のお風呂に入ってきれいさっぱり。

ディズニーランドの近くには夜中の2時ごろまで営業している銭湯がいくつかありますので、いつも重宝しています。

>>ディズニーランドの車中泊で利用できる駐車場と銭湯まとめ

銭湯でお風呂に入った後は、明日のディスニーシーに備えるために、ディズニーシーの駐車場に移動していきます。

もちろんこの時間(夜中の0時ごろ)はまだディズニーシーの駐車場は開いていないので、道路の路肩に止めてゲート前に移動できるようになるまで待機です。

ディズニーシーの駐車場の傍の路肩で待機

ディズニーシーの警備の人に案内されるまで駐車場すぐ傍の路肩で待機

午前1時半ごろ、駐車場のスタッフの人が放送による案内があり、ディズニーシーの駐車場のゲート前まで車を進めていきました。

その後、駐車場のゲートがOPENとなったのは午前5時過ぎで、この時も15分くらい前に放送でゲートOPENの放送がかかりました。

これらの放送は結構大きな音量でやってくれていますので、熟睡していたとしても気がつくと思いますよ。

そして、ここでも気になる駐車料金ですが、ディズニーシーの場合も普通車料金の2500円で入れてもらえることができました。

ただ、普通車の場合と違ったのは、ディズニーシーの場合、普通車は基本的に立体駐車場にいくことになりますが、キャンピングカーなどの背が高い車の場合、ゲートで駐車料金を支払った時にこのような青い紙をワイパーのところに付けられ、立体駐車場とは別の平面駐車場に通されます。

平面駐車場に通す目印となる青い紙

ディズニーシーの平面駐車場

実はこの平面駐車場、駐車スペースが広いのはもちろん、立体駐車場よりも若干ゲートに近い場所にあって、人も少ないのでとてもいい駐車場でした。

いつもと同じ料金しか支払ってないのに、なんだかここでも得した気分になりました(^^)

ちなみにこの平面駐車場には、キャンピングカーの他にも立体駐車場に入るときに下をこすってしまいそうな車高が低い車も通されていました。

フェラーリなどの高級車もたくさん止まっていましたよ。

どうも駐車料金を支払うところでどちらに通すかを判断をしているようなので、足が不自由な人がいたりする場合は、その時点でスタッフに相談してみるといいかもしれませんね。

続いては、ディズニーシーを夜まで満喫した後、PAでの車中泊や帰り道の時の様子などについてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 6 / 7ページ中

スポンサーリンク