マットを買う前に。ミニバンノアの車中泊フラットベッドを自作する方法

自作車中泊ベッドの作り方

それでは、車中泊ベッドの具体的な作り方について説明していきます。

まず、ベニヤ板に電動ドリルで穴を空けていきます。

ベニヤ板に電動ドリルで穴を空ける

穴の数は、一辺につき3箇所でOK。

そして、その穴に結束バンドを通していきます。

車中泊ベッドのベニヤ板をつなぐ結束バンド

これで、自作車中泊ベッドが完成です。

自作車中泊ベッドの完成

車中泊ベッドの設置の手順

続いては、車中泊ベッドの設置の手順です。

まず、2列目と3列目のシートを倒し、その上に塩ビパイプをこのような形で置いていきます。

車中泊ベッドの下に塩ビパイプを置く

そしてその上に先ほど作ったベッドを置き、広げればフルフラットの車中泊ベッドの完成です。

車中泊ベッドを塩ビパイプの上に置く

2列目と3列目をフルフラットにする車中泊ベッド

だいたい1~2分もあれば、ベッドの設置が完了しますので、旅先でも楽チンです。

チャイルドシートの収納方法

ここで問題になってくるのが、2列目に取り付けていたチャイルドシートの収納方法です。

このように2列目と3列目をベッドにすると、そのチャイルドシートをどこかに移動させなければなりません。

チャイルドシートだけなら1列目の座席の上に詰め込むことが出来ますが、車中泊をする場合、チャイルドシート以外にも沢山の荷物があって、1列目はその荷物の置き場所にしたいところ。

そこで、我が家ではホームセンターなどで購入できる結束ベルト(さっき使った結束バンドじゃないよ)を使って、後部の天井にチャイルドシートを固定しています。

結束ベルト

結束ベルトを使ってチャイルドシートを天井に収納

結束ベルトを使ってチャイルドシートを天井に固定

結束ベルトは手すりを通し、しっかりと固定しておきましょう。

結束ベルトは手すりを通す

結束ベルトを手すりにしっかりと固定

このような工夫をする事によって、チャイルドシートが必要な子供が3人いても快適な車中泊が可能になりました。

最後に一言

今回は、ミニバンノアの車中泊ベッドを自作する方法についてお話しました。

車中泊が楽しいのは、特に子供達が小さな時期。

子供達にとっては、旅行先でベッドを一緒に組み立てたりするという作業も楽しみの一つのようで、大はしゃぎでベッドを一緒に組み立ててくれます。

そんな楽しい車中泊ライフをあなたも体験してみてはいかがでしょうか?

それでは!

スポンサーリンク

表示中の記事: 3 / 3ページ中

スポンサーリンク