【自動車税節約】ミニバンをDIYで4ナンバー化する方法(構造変更、乗車定員5人編)

5ナンバーのミニバンを4ナンバーに構造変更する具体的な手順

それでは、5ナンバーのミニバンを4ナンバーに構造変更する具体的な手順についてお話していきます。

【STEP1】陸運局で構造変更に関する最新の正しい情報を入手する

車に手を入れる前に、車検証を持って陸運局に行き、対象となる車両が小型貨物車(4ナンバー)に変更可能か聞きに行きましょう。

私の場合もそうでしたが、ネットに書かれている内容が正しくなかったり、最新ではなかったり、地域によって差がある場合が多々あります。

例えば、ネットなどに「平成11年7月以降に初回登録された車両については、規制が厳しく4ナンバー化することが容易ではありません。100万円のブレーキ機能調査レポートが必要になります・・・」などと書かれていていましたが、実際に陸運局の検査官の人に聞いてみると、「今はそのようなレポートの提出は必要なくなったよ。」ということでした。

また、具体的にどのような準備をするかとか、どのタイミングで改造、検査をしていくかなど、検査官と仲良くなれば細かなところまで教えてくれる場合もあります。

ですから、車を改造する前に、まず陸運局に行き、話しを聞くという一手間を加えることをオススメします。

具体的には、陸運局のユーザー車検の受付のところで事情(構造変更したいが、○○が分からないので詳しい内容を聞きたいなど・・・)を説明してみてください。

すると、大抵の場合、「検査ラインに行って聞いてきてね。」と言われるので、検査ラインで検査官の人に直接聞きたいことを聞きましょう。

ただし、検査ラインは超忙しい場所なので、検査官の邪魔にならないように、聞きたい内容を事前にまとめておくとか、対応に5~10分以上かかりそうだったら、また別の日に聞きに行くとか、とにかく検査官の仕事の邪魔にならないように配慮してあげてください。

豆知識として、検査ラインは最終の4ラウンド目(14:30~16:00)の後半辺りから検査する車の数が減ってきますので、その辺りの時間帯を狙って行くと相談にのってもらいやすいかもしれませんね。

【STEP2】構造変更するための車の改造を行う

STEP1で検査官に聞いてきた内容に基づいて、車の改造を行います。

4ナンバー化には運転席を除いた乗車設備の床面積より積載設備の床面積が大きい必要がある

今回の構造変更において特に重要な部分はこの荷室部(B)を2列目のスペース(A)より大きくするという点。

まずは、サードシートを取り外すとしても、どうすればこれを満たすことができるのでしょうか?

WEBでいろいろと検索してみると、セカンドシートのリクライニング機構とスライド機構の固定をリベットで固定して、確実にA<Bとなるようにしている人がいました。

ハンドリベッターでシートを固定する

写真は、「ハンドリベッター」という道具。リベッターの先端にリベットをセットし、レバーを強く握ることにより外側からリベット打ちができる。

先ほどあけておいた貫通穴にリベットを打ち込み、シートのカバー類を元通り取り付けると作業完了。

引用)貨物スペース確保のための2列目シートの改造|自動車の改造と整備

ただ、この方法を採用しようとしていた時に、セカンドシートに座る家族からセカンドシートが完全に固定されてしまうため「座りずらい!」などと、駄目出しをされてしまいました。

そこで考えたのが、荷室部に仕切りを追加するという方法です。

構造変更のために追加した荷室の仕切り

4ナンバー化の改造に使った金具

4ナンバー化の構造変更の金具の設置

この方法なら、シートのスライド機構やリクライニング機構をなくさずに、二列目と荷室の境目を明確にすることができます。

ですが、実際にやってみると今までより若干2列目が狭くなってしまっていることと、2列目の人がリクライニングを全部倒して寝るということはできなくなりました。

やっぱり小型貨物に構造変更するわけなので、多少のデメリットは残ってしまいます。

そのあたりはなんとか家族を説得して、しぶしぶ了解してくれました。

ちなみにこの改造を行う時期ですが、基本的には「構造を変更してから15日以内に構造変更検査を受ける必要がある」と検査官の人が言っていました。

ですから、車検が満了となる2ヶ月ぐらい前から車の改造を行っていき、改造が完了したらすぐに陸運局にもって行くといったイメージが良いのではないでしょうか。

ただし、もっと早めに構造変更検査を受けたいのであれば、「それでも全然OKですよ」ということでした。

続いては、陸運局で構造変更するためのステップ3~4についてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 4 / 7ページ中

スポンサーリンク