【自動車税節約】ミニバンをDIYで4ナンバー化する方法(構造変更、乗車定員5人編)

5ナンバーから4ナンバーに構造変更する時の5つのポイント

続いては、5ナンバーのノア(小型乗用車、ステーションワゴン)を4ナンバー(小型貨物、バン)に構造変更する時の5つのポイントについてお話していきます。

【ポイントその1】貨物室の床面積が1m×1m以上あること

小型貨物車として4ナンバーを取得するためには、貨物室の床面積が1m×1m以上である必要があります。

ノアのようなミニバンの場合、この基準はすんなりクリアできるでしょう。

【ポイントその2】貨物の積み下ろし部分の寸法が80cm×80cm以上あること

小型貨物車として4ナンバーを取得するためには、リアゲートを空けたときの貨物の積み下ろし部分の寸法が、80cm×80cm以上であることが必要です。

これもミニバンの場合、すんなりクリアできるでしょう。

【ポイントその3】荷室と乗車設備の間に適当な隔壁または保護仕切りがあること

小型貨物車として4ナンバーを取得するためには、荷室と乗車設備の間に適当な隔壁または保護仕切りがある必要があります。

ただし、最大積載量500kg以下の場合は座席の背当てを仕切りの代わりにしてもOKとの規定がありますので、荷室に500kg以上のものを載せない場合は、この基準を気にしなくても大丈夫でしょう。

【ポイントその4】運転席より後方に人を乗せる場合、その人よりも貨物の重量の方が大きいこと

最後のポイントは、運転席より後方に人を乗せる場合、その人よりも貨物の重量の方が大きい必要があります。

例えば、ミニバンでセカンドシートを残して5人乗りのまま、小型貨物車として4ナンバーを申請する場合、2列目に3人の人が載ることになります。

人の重さの計算は「乗車定員×55kg」と決められていますので、この場合55×3=165kg、最大積載量は50kg毎の設定という決まりがあるため、最終的に最大積載量は200kg以上で申請する必要があります。

【ポイントその5】乗車設備の床面積より、積載設備の床面積の方が大きいこと

小型貨物車として4ナンバーを取得するためには、運転席を除いた乗車設備の床面積より積載設備の床面積が大きい必要があります。

2列目シートを残す場合は、A;運転席後部から室内後端(運転席背もたれ後部を約30度に固定した状態~2列目シート背もたれ後部まで)よりも、B;荷室(2列目シート背もたれ後部~テールゲートまで)の長さが大きくなっていなければなりません。

4ナンバー化には運転席を除いた乗車設備の床面積より積載設備の床面積が大きい必要がある

例えば、ミニバンのノアの場合、運転席後部から室内後端は約2000mmありますので、積載設備の床面積がその50%となる1000mmを超える必要があります。

2列目と3列目のシートを取り外す場合は、その基準を楽にクリアする事が出来ます。

ですが、2列目シートを残したまま5人乗りの4ナンバーを実現する場合は、2列目のシートを前側にセットし、背もたれもほぼ垂直に立てた状態で固定しなければ、その基準をクリアできないことを頭に入れておきましょう。

ノアやボクシーのトランスXやYYの車内の様子

なお、ノアの荷室がフルフラットになるトランスXやYYなどの車種の場合、一見そのままの状態でも4ナンバー化が可能ではないなかという風に感じるかも知れません。

ノアやボクシーのトランスXやYYはセカンドシートが倒れる

ですが、それらの車種のセカンドシートは後ろに倒れる仕様になっているので、例えば、セカンドシートを後側にスライドさせ、かつシートを倒すといったような状態では荷室長の条件(上記の場合、1000mm)や下記ポイント4の隔壁や保護仕切りを設置する条件などを満たすことができていないため、陸運局で不適合と判断される可能性があります。

ですから、このような車種で4ナンバー化する場合は、セカンドシートの後ろ辺りに乗車部分と荷室を仕切るバーなどを設置し、誰が見ても確実に条件がクリアとなるような工夫をする必要です。

続いては、実際に5ナンバーのミニバンを4ナンバーに構造変更したときの具体的な手順や構造変更に関するQ&Aについてお話していきます。

スポンサーリンク

3ページ目(全7ページ中)


スポンサーリンク